苔猿の壺

蘚類・地衣類・石類と小さな植栽で盆景をつくっています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自宅展示スペース

今年は本当に忙しかった。まだ終わってないけど。
いやむしろこれから通常の日々がはじまる感じです。
そんなワケで。今年は鉢作りは手が忘れない程度にしかできなかったし、鉢の上の樹も夏から秋にかけていくつか枯らしてしまいました。

何とかテンション上げようと、メダカ水槽の前にあるL字のスペースを整理して、自宅展示スペースを作りました。
苔盆景や盆栽、鉢など、折々で飾りたいものをレイアウトして自己満足に浸り、創作意欲を刺激しようという狙いです。

秋も深まり紅葉・黄葉、実なりの季節ですし、多忙な時期を乗り越えてくれた盆栽(見習い)を今は飾っています。

自宅展示会場の様子

屋内に飾ると目に入る機会も多く、チリチリにならずにキレイに紅葉してくれた樹や、頑張って実を留めてくれた樹を見るにつけ、忙しい中でも何とか世話をしてきて良かったあ、と。

嬉しくなって時々ながめてしまいます。
4〜5日おきに少しずつ樹を入れ替えて楽しんでます。

自宅展示会場の様子2

秋は過ごしやすいし、創作意欲も湧くし、こういう時期に多忙でなかったのはせめてもの救い。
まだ残りひと月半もありますし、趣味も目一杯楽しんで、良い年として締めくくりたいです。

テーマ:盆栽 - ジャンル:趣味・実用

いつもなら展示会シーズン

ブログ放置も納得の超多忙状態でしたが、何とか鉢上の植物たちはほとんど枯らさずにのりきりました。
雑な水やりで調子崩した樹々が多数あるので、勝負はこれから?
少しは余裕ができたので、元気になるようケアしてあげたいです。

さて、6月といえば毎年展示会に参加していましたね。
まずはウェブ展示会。
超ミニ盆栽鉢同好会2015ウェブ展示会
超ミニ盆栽鉢同好会第4回ウェブ展示会

準備は全くできませんでしたので、昨年作ったカンブリアン添配を「小道具部門」へ出展しました。やはり盆栽部門に何か出したかったですね。


そして、超ミニ盆栽教室の展示発表会。
実は私、昨年の秋頃に教室には区切りをつけました。発展的解消といいますか、自分としては卒業という気持ちです。
これからも別の形で盆栽の勉強を続けていきながら、他の自分の興味と結びつけた作品づくりを続けていければと思ってます。

そんな訳で私は参加しませんが、超ミニ盆栽教室の展示発表会、今年も勿論あります!
唯一無二の自由な「かわいい」超ミニ盆栽展示、面白い生徒さんも入ってみえる様子ですし、とても楽しみにしています。
自作鉢の販売もありますし、興味のある方は是非みにいってください。
今年も「岳見町ぎゃらりぃ」にて開催。詳細はこちらへ。

そろそろ活動期

いけませんな。今年はブログ更新やるぞーと意気込んでいたのに。

そういえば葉が落ちずに心配していたロウヤガキですが、ちゃんと無事に落葉して正月には玄関近くの窓に飾っていました。
royagaki201501.jpg
写真を撮り忘れていましたが、痛んできた実をもぎる前にパチリ。

さて極寒の最中ですが、2月に入りボチボチ植え替えやら、目をつけていた樹から挿し木をとったりやら、少しづつ活動を開始しています。
活動期がくると梅が咲き始めますねー。

これは2年くらい前でしょうか。日本ライン花木センターで(投げ)売られていた梅です。
old-ume.jpg
悪く言えば持ち崩したガッカリ感のある樹なんでしょうが、その時の私にはとても哀愁があって良い雰囲気に見えたんですね。帰り際に駐車場まできて、やっぱり気になる!と踵を返しお迎えした記憶があります。

当初は枝も芽も少なく、私のような初心者が引き取ったら枯らしてもおかしくない状態だったと思いますが、何とか花が咲くまできました。
こんな大きいサイズの樹は他にもっていないですし、元気になったのなら少し形を考えて遊んでみようかなーと思ってます。

テーマ:盆栽 - ジャンル:趣味・実用

年賀2015

年賀画像2015
あけましておめでとうございます。
本年もどうぞ、宜しくお願い申し上げます。

今年はバタバタで大晦日に年賀写真の撮影。
昨年同様、急ごしらえの豆盆景です。
お気に入りの小石にネジクチゴケとコスギゴケなど。
フィギアはプライザー1/220の「羊飼いと羊」。羊は米粒くらいの大きさです。
鉢は親指の頭くらいの径の既製品。

今年の目標は、盆景づくり・鉢づくりに時間を使うこと。
そして、ちゃんと写真を撮ってここへ記録しておくこと!

テーマ:盆栽 - ジャンル:趣味・実用

ニレケヤキ黄葉

ニレケヤキの黄葉がきれいだったので、少しの間ですが飾っていました。
先に黄葉した葉っぱ1/3くらいは既に散っています。少し間引かれて枝が見え隠れした方が良い感じに思えます。

ニレケヤキ黄葉2

ニレケヤキ黄葉1

テーマ:盆栽 - ジャンル:趣味・実用

«  | ホーム |  »

FC2Ad

まとめ

プロフィール

苔猿(こけざる)

著者:苔猿(こけざる)

苔好き・岩好き・盆栽好き。
石や流木を使った盆景や自作の豆鉢をつくってます。

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メールアドレス:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。