苔猿の壺

蘚類・地衣類・石類と小さな植栽で盆景をつくっています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

再展示会2014その1

月1回で上等なブログですので、一月前の展示会の事も平気で振り返りますよ!

さて、展示会の二日後くらいでしょうか。明るい時間に自宅にて再展示をして撮影しました。
実際の展示会では、黒いボードの上に黒い陶器の受皿を配置し、受皿を白砂で満たした上に作品を飾っていました↓。
実際の展示風景

が、再展示会では逆に白い台の上に、白砂を敷かずに(面倒なので笑)受皿を配置しました。
再展示全景1
白黒反転です。
再展示全景上から
実際の展示でも向かって右側は壁でしたので、再展示でも壁際に置きました。

昨年も同様に本番では黒いボードの上に黒い受皿を配置して構成していました。
今回も基本は同じで、昨年丸だった受皿を四角にしました。同じショップで購入した形違いなので質感も同じ感じです。

昨年は全体を一つの作品としたコンセプチュアルな感じでしたが、今年は大きな流木盆景一つをどーんと出すというスタイルにしました。添えに3点付けましたが、これは教室の発表会として、今年の成果を出したものになります。

ではメインの流木盆景を。
流木盆景1

今回は自分の展示場所が予め決まっており、向かって右側が壁になる事は解っていたので、そういう前提で展示や作品を考えていきました。この流木盆景は背が高いので、向かって右の壁際へ配置することにしました。

そうするとお客さんの視点では、正面から見ることはギリギリできても、左側を見られることは無いということになります。ですので盆景から見て斜め右側の角度を正面とし、斜め右側視点で作っていきました。

ベースになっている流木はネットオークションで手に入れました。今年の展示はどうしよう、、と悩んでいた時に見つけたもので、一目惚れズキュン!というか普通にこれだけの逸材は何年かに一回しか手に入れられないだろうなあ、という感じで即買いでした。
どっしり安産型で座りも良く、2本の角(実際は根かと)がうねりながら前後に交差して天へ伸びています。

下から見上げで。
流木盆景2
だるまのような下半身ですが、中がつまっている訳ではなく、洞がありちょっとした洞窟の様相。

盆景の内容ですが、小さな樹(教室で作った超ミニ盆栽、購入したもの、自家製・庭取りのもの etc.)と様々な種類の苔、そして石を使っています。
前回はいかにも「苔盆景」という感じでしたが、今回は様々な樹をメインにして、苔の面積はできるだけ少なくしました。写真では見難いですが、石は結構使っています。木肌とは違った色や質感がアクセントにもなりますし、流木に接着した石が棚のようになって植栽を支えている箇所もあります。

作成前に石の仮設置を記録した写真がありました。
流木盆景に入れた石
これで5個くらいの石があります。この後もう一つ追加しました。
一番上の石は、てっぺんの松を付けた石になります。

この段階では両面テープで貼って位置決めをしているだけですが、この後バスコークという水周り用の強力ボンドで接着します。接着剤が乾くまではハリガネや養生テープでぐるぐる巻きにしておきます。

石の接着前にもうひと作業、植栽を植える予定地に電動ドリルで穴を開けていきます。直径3cm程度の幅広の穴があくドリルで、ある程度の土が入るスペースをそこかしこに作っていきます。

ドリルで開けた穴には通常の超ミニ盆栽用の土を入れて樹を植えていきます。土が流れないように練った苔用土(ケト土に少し赤玉や川砂を混ぜたもの)でフタをしたり堤をつくったりして、さらにその苔用土に苔を貼ったりシダ類を植えたりしています。

いつのまにか作成の流れ解説になっちゃいました。
完成時のスナップ。
流木盆景3

つづく

関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kokein.blog.fc2.com/tb.php/73-70a9a527
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

FC2Ad

まとめ

プロフィール

苔猿(こけざる)

著者:苔猿(こけざる)

苔好き・岩好き・盆栽好き。
石や流木を使った盆景や自作の豆鉢をつくってます。

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メールアドレス:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。