苔猿の壺

蘚類・地衣類・石類と小さな植栽で盆景をつくっています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウェブ展示会2014〜枯盆栽と悟空鉢

超ミニ盆栽「鉢」同好会、年に一度のフェスティバルである「ウェブ展示会」が開幕です!
私も「盆栽部門」と「自作鉢部門」の二つにエントリーしました。

まず盆栽部門ですが、以前からどうしてもやってみたかったコンセプトで作品を出すことができました。枯盆栽(かれぼんさい)です!

枯盆栽1
タイトル:枯盆栽
枯れ木を使った盆景です。
岩壁を勢いよく落ちる滝のそばに、かつては滝壷を覆うように繁っていた大樹が寿命を終え、葉も枝も落ち、芯のみになった今でも滝壷を守るように踏ん張っている。そんな情景です。
使用した「ののつき」鉢は滝壷の渦をイメージしました。


自宅近くでも、池に張り出すように生えた樹が、枯れてなお踏ん張っている光景をよく見ます。枯れ木の風情というのは独特のものがありますね。そんな景色を盆景にしてみたいなあとかねてより思っていました。

枯れた樹をして盆栽とは何事だ!という意見もあると思いますが、小さな鉢の中に自然の景観をとじこめる「縮景」という意味ではその原点に忠実な作品ですし、少なくとも「盆景」としては成立します。
そして、枯れ木を表現するのに生きた樹は使えません。やはり枯れ木の出番です。

元々はヒサカキの超ミニ盆栽だったものです。二股に別れた太根で石を抱かせようとしていましたが、枯れてしまいました。細かな枝などは落とし、皮もまだらに剥いて(枯れ木は鳥などが皮の下の虫を捕ったりしてよく剥がれてる)あります。

では別テイクの写真をいくつか。
鉢のサイズは記載しておきましたが、手にもつとこういうサイズ感です。
枯盆栽2

少し下から
枯盆栽3

少し上から
枯盆栽4
こういう自由な発想の作品が展示できるのも、このウェブ展示会の魅力です。
ありがたやー。


鉢部門には、昨年から作っている通称「悟空鉢」を出しました。
悟空壺1

こちらも手にとったサイズ感を。
悟空壺2

やや上から。
悟空壺3
本当は昨年出したかった作品ですが、間に合わず断念しましたので今回にて。
今年の新作は例によって間に合わずです、、

今回のウェブ展示会から「自作小道具部門」も追加され、いやはや沢山の素敵作品にあふれております。
詳しくは「第3回ウェブ展示会」へどうぞ!

最後になりましたが、代表みさきさん、ウェブ担当こはるさん、いつも本当にありがとうございます。お疲れさまでした!

関連記事

コメント

こんばんは~


>枯れ木の風情というのは独特のものがありますね。

そうですね、僕も枯れ木に魅力を感じる時があります。
自然の中で枯れた木を見ることがありますが、
枯れてはいるのですが、美しいと感じる時があり
枯れ木を見てると、なんかいろいろと想像させられます。


>枯れた樹をして盆栽とは何事だ!という意見もあると思いますが、

僕はそういう遊び方も全然OKだと思います。

Re: 気ままさま

はじめまして!コメントありがとうございます。
枯れ木って時にすごい情緒をかもしだしますよね。同志に出会えた気分(笑)でめちゃ嬉しいです!

> 僕はそういう遊び方も全然OKだと思います。
盆栽という定型手段以外にも、盆栽的センスを活かした作品ってもっと沢山できそうですね。
皆さんの色んな可能性に期待しつつ、私自身も挑戦してみたいです。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kokein.blog.fc2.com/tb.php/66-162e0814
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

FC2Ad

まとめ

プロフィール

苔猿(こけざる)

著者:苔猿(こけざる)

苔好き・岩好き・盆栽好き。
石や流木を使った盆景や自作の豆鉢をつくってます。

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メールアドレス:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。