苔猿の壺

蘚類・地衣類・石類と小さな植栽で盆景をつくっています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京都小旅行〜完結編

京都小旅行シリーズ、1月中にサラッと書く予定が、結果このダラダラ感。
しかし、ここは投げ出さずに意地の完結編です。
本当は後数回やるつもりでしたが流石に今は昔、完結編としてまとめます!


1.根卓もスゴイんす
雅風展では盆栽も凄かったのですが、根卓(であってるのかな、、)という飾り台にもハートを掴まれました。
盆栽を置く木製の台なのですが、絡まった根のような造形が施してあるものです。

こんな感じのタイプがよく見られるものです。
根卓1
このサイズの根卓でも十分スゴイのですが、、

でっかくなっちゃった。
根卓2
アフリカンアートのマコンデ彫刻を彷彿をさせる禍々しさ。ツボでございます。

でっかい上にちょっとデザイン志向なものも。
根卓3

流木風。カッチョえいですね。
根卓4
どれも盆栽が凄いです。逆に凄くないと負けてしまいそうな飾り台です。
飾り台だけかざりたい(ひげじい風に)
そんな逸品が多く見れました。


2.展示の素敵鉢と購入した鉢
雅風展では小品鉢の展示もありました。
そこでとても素敵でオサレな超ミニ鉢に遭遇。
ま鉢2
ま鉢1
おうふ。これは素敵です。
どれも親指サイズくらいの超ミニ鉢です。
作家は小出真智子さんという方。本職はファッションデザイン関係だそうでオサレ感も納得です。落款名「ま」というのも良い感じですねぇ。

展示だけだったので購入はできずモヤモヤ。
その後に売店をウロウロしていると、、目に飛び込んできた運命の一鉢!
モンドリアーン!
午前中に見てきた方丈八相庭園をイサム・ノグチが「モンドリアン風の新しい角度の庭」と評していた事が頭から離れずにいたので、この鉢を見つけた時は大きい声出しそうになりました。
モンドリアンとは画家ピエト・モンドリアンのことで、良く知らない方は、モンドリアンの画像検索を見て頂ければ、あーあれね、となるはずです。

これは旅の良い想い出と購入。しばらくは使わずに飾っておくつもりです。
モンドリアン風鉢


3.琳派と若冲
そんな感じで雅風展を後にしたのですが、展示会場に隣接する細見美術館で「琳派と若冲」展がやっているということで見てきました。
実は細見美術館と雅風展は別々にそれぞれ行きたいと思っていたものですが、京都に行くならついでに二つとも行こうという流れに。でもまさか隣接しているとは思ってもみなかったので、地図でそれを発見した時には大きい声出してしまいました。

若冲は数点かなと思ってましたが沢山展示ありましたし、琳派も各時代のものが見れました。
有名な犬のじゃれあうのもありましたよ。あまりピンときていなかった琳派ですがすっかり虜になりました。
若冲はやはり十八番の鶏。躍動する生命をとじこめたような墨絵は圧巻でした。

おわり!

関連記事

コメント

素敵な鉢

小出真知子さんとおっしゃるのですか、センス良いですね!
そしてとても丁寧な作り、いいですね~。
苔猿さんが買われたモンドリアン鉢はどなたの作ですか?
これも小出さんですか?
この鉢もいいなあ・・・。

Re: 素敵な鉢

毎度コメントありがとうございます!

> 苔猿さんが買われたモンドリアン鉢はどなたの作ですか?
あ、書くの忘れてました(笑)
横谷俊秀さん作、落款名「俊峯」です!
こちらのページ一番最後の方です。
http://www.shohin-bonsai.ne.jp/2013kobachi/2013kobachi_p1.html

カフェマリアさんファミリー鉢の販売予定はいかがでしょうか?
いつもブログでいいなぁと眺めているだけですので、、
是非購入したいです!お願いします!

ありがとう

俊峯さんですね!わかりました。
うちの鉢、なんと買ってくださる!?
ほんとに? 嬉しいです!
写真だけだとわからないこともあるでしょうし、実物を見たら「なんか思ってたのと違ーう」(笑)みたいなこともあるかもしれないので、実際に手にとって選んでくださる方がいいかなv-411

Re: ありがとう

> うちの鉢、なんと買ってくださる!?
> ほんとに? 嬉しいです!
やった!また連絡させてもらいます!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kokein.blog.fc2.com/tb.php/44-27d37c52
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

FC2Ad

まとめ

プロフィール

苔猿(こけざる)

著者:苔猿(こけざる)

苔好き・岩好き・盆栽好き。
石や流木を使った盆景や自作の豆鉢をつくってます。

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メールアドレス:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。