苔猿の壺

蘚類・地衣類・石類と小さな植栽で盆景をつくっています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

苔盆景と木村先生

今日は苔盆景の話をしようと思います。

コケの世界に興味をもった私をググッと深みへ引き込んだモノ、それが「苔盆景」です。
どうやって知ったかは忘れてしまったんですが(笑)
たぶんネットで苔あれこれを調べていた時だと思います。
苔盆景を作っている方は他にもみえますが、いきなり木村先生の作品を見て雷にうたれたような衝撃を受けたことはハッキリ覚えています。
頭が爆発してアフロのようになった気分でした。

見つけた画像は本の表紙↓でした。



タイトルはずばり「苔盆景入門」です。
即買いして、私の聖書になっています。

少し苔盆景に関して解説を、、

そもそも「盆景」とは何か?
盆栽の親戚のようなもので、盆栽が樹木単体の縮小版をつくるのに対し、盆景は全体的な景色の縮小版をつくるものになります。これを「縮景」というのですが、日本庭園でも多くもちいられてきた手法です。名勝や山水画など雄大な自然の風景を庭園サイズに落とし込む感じですね。それをさらに盆栽鉢のサイズへ縮小したのが盆景です。

盆景と苔盆景の違いは?
苔盆景も盆景の一つです。メインに苔を、植栽や石などが副次的なものであれば「苔盆景」になるかと。
通常の盆景はたいてい植栽(盆栽の樹木や山野草)が使われているのに対し、苔盆景は植栽を使わなくても良い点が個人的には最大の魅力だと思っています。
樹木や野草を入れると、それが木を表現することになるので、それにあったスケール感で盆景を作ることになります。
一方、植物体が極小である苔だけで構成すれば、手のひらサイズで林や森をつくることさえ可能です。
ハンパ無い縮景感が得られるという事ですね。これが個人的にはツボなんです。

苔盆景、イントロダクションとしてはこんな感じです!

最後に、百聞は一見にしかずということで、木村先生のサイトをご覧ください。
旧式のサイトですのでナビゲーションなどに難がある部分もありますが、苔盆景の世界が堪能できます。決してトップページの「次へ」を押し続けたりしないように!フラクタルな世界へ迷い込みます。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kokein.blog.fc2.com/tb.php/3-d9e36cce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

FC2Ad

まとめ

プロフィール

苔猿(こけざる)

著者:苔猿(こけざる)

苔好き・岩好き・盆栽好き。
石や流木を使った盆景や自作の豆鉢をつくってます。

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メールアドレス:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。