苔猿の壺

蘚類・地衣類・石類と小さな植栽で盆景をつくっています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メダカ鉢の小島

まだまだビギナーなので沢山は無いですが、とりあえず今までつくってきた苔モノをササッと紹介していきたいです。

苔好きになり、しばらくはネットであれこれ調べたり庭や近所で苔を採集してきたりしてニヤニヤしていましたが、採り集めたコケがたまってくると、何かつくりたくなりウズウズ…。
そこで目にとまったのがコケ達の隣においていたメダカ鉢。
メダカ鉢の中に置いてある大きい石は上半分くらい水上に出ていて、その地上部分に苔を植えたら!小島のような景色になり素敵ではないか!と。

作品というには大袈裟ですが、初の苔植え体験でした。

メダカ鉢

メダカ鉢小島アップ

コスギゴケ、ホソウリゴケ、スナゴケ、ハイゴケ、フデゴケなどを適当に寄せ植えしています。適当とはいえ、水分が好きなハイゴケを水際に配置したり、陽があたる辺りに耐光性があるスナゴケ、ホソウリゴケを植えたり、苔が枯れないような工夫は一応考えてみました。

浮き草などが南国風なので、島の頂上には南国風(にみえる)野草を近所を徘徊して見つけてきました(カニクサかな?)。本当はコテコテのシダが良かったんですが、なかなか小さいサイズのものは見つかりませんでした。

水際とコケとの相性は抜群で、この小島には水を与えなくともコケは枯れないどころか逆に順調に育ち、今では小島は3割増しくらいこんもりしています。また小島の近況報告もしたいです。

関連記事

コメント

先生!メダカがいません!

ことごとく水草に隠れとる、とは聞いてたものの
見事にいないですね(笑)
メダカを飼っていなくても
こういう鉢で苔と水草をディスプレイするってのも素敵だわ。

ところで先生。岩に苔を「植える」とは?
ヤツら土がなくても岩の表面にくっつくのでしょうか。
今まで考えたこともなかった彼らの生態。色々と謎です。

Re: 先生!メダカがいません!

まぐろさま
毎度コメントありがとうございます!
メダカはこちらが固まり王になって存在を消さない限り出てきてくれません(泣)

> ところで先生。岩に苔を「植える」とは?
> ヤツら土がなくても岩の表面にくっつくのでしょうか。
すみません、そうですよね。解説します。
岩に生える苔も沢山ありますが、後付けですぐに吸着してくれるような苔は無いです。
小島にはケト土とよばれる盆栽によく使われる(油粘土のような)土をつけて、その上に植えています。
苔は生きていくために土は必要無いので、基本的には固定するために使います。
苔によって保水や水はけの事を考えてやらないといけませんので、土を調合することはありますが。

苔の生態は色々と面白いですよ。
このブログで苔を好きになってくれる人がいたら嬉しいので、苔の基本的な解説をするカテゴリを作って連載したいと思います!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kokein.blog.fc2.com/tb.php/2-71609616
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

FC2Ad

まとめ

プロフィール

苔猿(こけざる)

著者:苔猿(こけざる)

苔好き・岩好き・盆栽好き。
石や流木を使った盆景や自作の豆鉢をつくってます。

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メールアドレス:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。