苔猿の壺

蘚類・地衣類・石類と小さな植栽で盆景をつくっています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

石の盆栽

石と苔。この二つに共通したものは何か?
それはどちらも盆栽があることです。
石の盆栽?聞いたことないなぁ…。はい、確かに石盆栽というものは無いのですが、私の中では「石の盆栽」と思っているものがあります。

*水石
よく石を飾っているおじいさんがみえますよね。ああいう石のほとんどは「水石」とよばれるものです。水石は簡単に言うと、遠山や岩壁など自然の風景に見える(未加工の)石を観賞するものです。
つまり小さな石に大きな景色を見る、盆栽や盆景と同じ「縮景」を楽しむということですね。
そういう意味では盆栽と同じ視点なのですが、盆栽や盆景が「作る」ものであるのに対し、水石は「作ってはいけない」ものになります。自然のままの造形で山水の景色をうつしているから価値があるんですね。
この違いが大きく、盆栽とは呼ばれない所以なのだと思います。

縮景を飾って楽しむという点では同じなので、盆栽から水石へ流れる人は多いみたいですし、私は盆栽と水石には何か共通する美意識があるように思っています。ですので個人的には「水石=石の盆栽」という解釈です。
百聞は一見にしかずということで、Googleイメージ検索「水石」を新規ウィンドウで見てくださいませ。

*盆石
実はややこしい事に「盆石」というものがあります。石の盆栽という意味ではこちらの方が近いかもしれません。
盆の上に水石を置き、さらに石の周囲を描き足すことによって山水景を完成させます。ただ、この「描き足す」という部分なんですが、黒い盆面に白砂でサンドアートのように描いていくんです。石は3Dなのに他は2Dなんですよ!この発想はびっくりですね。

石をメインの素材として、人の手と感性でつくり出す盆石は、「盆に栽(植える)する」という意味には合致するかもしれません。ただ、その独特の世界観が、盆栽とは何か違う雰囲気を持っているように思います。
また、盆石には色々と流派や手法があり、石を置かずに盆に白砂で描くだけのものもあります。こうなるともう完全に絵画の領域に入るので、盆栽とはかけはなれたものになります。
再び百聞は一見にしかずということで、Googleイメージ検索「盆石」を新規ウィンドウで見てくださいませ。

最後にそれぞれを代表する団体のサイトより、イントロダクションを引用しておきます。

日本水石協会より序文

 水石(すいせき)とは、山水景石の総称です。水石は、一石のなかから大宇宙を感得する物で、趣味の中でもっとも奥を極めたものといわれます。また、水石と盆栽は車の両輪ともいわれています。自然芸術趣味の極致といわれる水石は、日本的美意識の神髄です。水石の観賞は、大自然に心あそばせ、すぐれた山水景石や姿石、紋様石を見て森羅万象を感じ、自然の風物詩に溶けこんでゆく幽玄な侘び寂びに通じる沈潜した無限の世界があります。


細川流盆石より「盆石とは」
 日本人は古来、美しい風土の中で自然を愛し、自然と親しみ、人生と自然を融合させてきました。この日本人の自然観を黒塗りの盆上に表現し、床飾りとして独自の道を歩みつづけてきました。
 黒い盆の上に数寸の自然石を置くことで山々を表し、白砂をまき、羽根や小さなホウキで流れや波を描くことで、雄大な海や川を表す。このように盆石とは、自然がおりなす様々な表情を盆上に描くもので、日本古来の縮景芸術の一つです。

関連記事

コメント

えっ


えっ


いやすみませんこのフレーズついさっき奥様にもぶつけたばかりなんですけど、すみません代表団体てなんですか…

それぞれが仰ってることも大宇宙森羅万象幽玄縮景芸術…、凄まじい世界ですね。あの、すみません、石舐めてました。苔のオマケだと思ってました。

うちの玄関にペンギン型の石を飾ってるんですが、特にサンドアートをしているわけではないので、つまりこれは南極をテーマにした水石ってことでよろしいですね!

Re: タイトルなし

ぐりぺん様
コメントありがとうございます!
どんな世界にも団体があるもんですねぇ。仰々しいフレーズはなんというかプライドを感じます。
石は奥深く私もまだ勉強中ですが、ペンギン型の石は「水石」で良いんじゃないでしょうか。たぶん、、

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kokein.blog.fc2.com/tb.php/11-5e157a68
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

FC2Ad

まとめ

プロフィール

苔猿(こけざる)

著者:苔猿(こけざる)

苔好き・岩好き・盆栽好き。
石や流木を使った盆景や自作の豆鉢をつくってます。

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メールアドレス:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。