苔猿の壺

蘚類・地衣類・石類と小さな植栽で盆景をつくっています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国の奇岩庭

こんにちは植物系男子です。
めっきり植物系なブログになっていましたが、今日は岩石系でいきます!

今年の春に所用で中国へ行ってきました。
いくつか観光で良いものが見れたので紹介したいです。
iPhone撮影なので写真はいまひとつですが、、

まずは蘇州(上海から一時間ほど)にある、世界遺産かつ中国四大庭園の一つ「留園」です。
蘇州には他にも世界遺産な名園がいくつかありますが、これらの庭に共通するのが奇岩「太湖石」をふんだんに使用した作庭になっていること。

太湖石とは、、
太湖石1
太湖石2
どーん。こんな感じです。
日本の石庭で使うようなワビサビ感をもった石とは対極にある、奇妙キテレツ・摩訶不思議、禍々しい造形をしています。
実に中国っぽいですねー。こういう奇岩系も大好きです。
稀少で運搬も大変なこの石は、一つ据えてあるだけでも大層な金持ちだということですが、四大庭園ではアホかという程に太湖石を使っています。

さて園に入ると、こんな風景がどんどんと繰り出されます。
留園0
留園1

さらに奥へ。少し開けた庭にはドカンと太湖石。
留園2
この岩山にはいくつか道が作ってあって、頂上へ登ることができました。
留園4

さらに開けた場所。本館のようなお屋敷の前に、日本でいう回遊式庭園のような池を中心とした庭があります。
そしてそびえ立つ、留園のシンボル的存在の巨大太湖石。
留園6
留園5
わおー。大きさつたわりますかね?
記念撮影していた中国人おばちゃんが写ってます。
この造形が自然にできたのですからスゴイもんです。
仙人が造ったとしか思えません。

岩好きの私としては大満足の留園でした。
次回はこの留園で見ることができた中国の盆栽である「盆景」を紹介します。

※7/30 写真追加しました!

スポンサーサイト

雨宿り

雨ですね。梅雨明けしたと思ったら雨続きです。
苔や盆栽にとっては、暑くて蒸す夏日よりはるかに良い日々ですが。

そんな本日は「蛙の雨宿り」というお題で二品。
かえるのあまやどり1
かえるのあまやどり2
どうすか?蛙ちゃんカワイイですよね。陶器なんですよ。
ヒサカキのミニミニ苗がもう少し元気に育ってくれると良いのになー。

次は教室でつくったジューンベリー超ミニ盆栽をアレンジです。
かえるのあまやどり4
かえるのあまやどり3
かえるのあまやどり5
しかしこの蛙ちゃん!小さいのによくできているでしょ?
たぶん実物は写真よりリアルな感じだと思います。釉薬のツヤが蛙ちゃんのヌメッと感を出していてとても雰囲気があります。

二匹とも少し前の名古屋クリエイターズマーケットで「陶蛙作家」という肩書きの作家さんから購入しました。ググってみましたが、蛙庵ぼちぼち日記の方ですかね。他にも沢山の良い仕事をされていました。

以前に添景(盆景に添える人や建物などのミニチュア)はあまり好きで無いと書きましたが、この蛙ちゃんには一目惚れでした!

山野草な寄せ植え

暑いですねー。
水分大好きな苔でも蒸れは大敵。難しい季節に突入です。

さて、超ミニ盆栽教室の大先輩であるカフェマリア姉さまのブログを拝見していると、よく山野草の寄せ植え作品の写真があがっています。素敵ですよね。

私も山野草の寄せ植えをやりたいなーとにわかに思い立ち、作ってみました。
寄せ植え
無造作に放り込んでギュギュッとしただけですが、こういう場合は考えてつくるより野趣があって良い感じになると思います。

どんな野草を使ってるのかって?

それは、その、、あの、、あれですよ、、










ええい!全部苔じゃい!!
山野草風寄せ植え

今回は苔の種類も少ないし全て同定できている苔なので、苔名を。
山野草風寄せ植え解説
やっぱヒノキゴケは美しいなぁ。
花瓶の花程度の寿命しか無いと思われますが、うっとおしい時期にささやかな涼感を与えてくれそうです。

流木盆景 II

先回紹介した「蓬莱」と対になってアクアテラリウムに置いている流木盆景の紹介です。

瀛州1
瀛州2
瀛州3
まとまったスペースにたっぷりと苔を植えています。一面苔畑といった感じです。
パッと写真を見ただけでも、ギンゴケ、スギゴケ、ハイゴケ、エゾスナゴケ、アラハシラガゴケ、コスギゴケ、タマゴケ、シノブゴケ、コウヤノマンネングサ、ハナゴケの一種(地衣類)が使われているのがわかります。後はシッポゴケ、オオカサゴケ、タチゴケ、ホウオウゴケ、コツボゴケ、他にも同定できていない苔を何種類か入れているので、やはり15種類以上は使っています。

わざと枯れた苔を入れたり(タネとして、生え抜きの新株は枯れずに安定してくれる)、盆景っぽく形を整えていない部分がありますが、今は活着してもらうことを優先して、秋ごろ整える計画にしてます。

これもベースの流木はもともと苔盆景として購入したものです。ナンテン、セキショウなどの植栽以外はほとんど植え替えました。

瀛州4
奥に長く延びていて、伸びた奥の方の中段あたりに祠(ほこら)のような空間があり、そこへも苔を入れています。海辺に棲む猛禽が営巣してそうな場所ですね。もしくは仙人が釣り糸でも垂らしているでしょうか。

瀛州5
この流木をアクアテラリウムに抜擢したのは、ドーム状になっていて下がまるっと空いているからです。
このピロティ空間はエビやメダカの休息場所として人気スポットです!

この流木盆景は「瀛州(えいしゅう)」と名付けました。
『瀛州:古代中国において、仙人の住むという東方の三神山(蓬莱・方丈)の一つ』 - wikipedia
という事です。東方の三神山ですので「方丈」をいつか入れなきゃいけませんね。

作品紹介が続いたので、次回からは苔話やら苔爺やら岩やら中国盆栽やら、、ブログで書こうと溜めていたネタを出していきたいです。

真の目的とは…

流木苔盆景「蓬莱」制作の真の目的とは!

今ヴェールを脱ぐ、、
アクアテラリウム1
アクアテラリウム3
アクアテラリウム2

これは!
アクアテラリウム4
メダカちゃーん。

そうです。「メダカ用アクアテラリウム水槽」でございます。
この水槽へ入れる盆景を作っていたのです。

以前紹介したメダカ鉢を超グレードアップしたくなり、コツコツと準備をしておりました。
水槽は幅800mm×奥行400mm×超浅型のアクリル水槽。
横から見るとこんな感じでございます。
アクアテラリウム5
800mm×400mmの台に合わせて特注しました。
メダカは深さより広さを欲するとのことで、浅く広くの水槽です。
外掛け式のろ過フィルターは、超浅型でも使えるように吸入口を改造しました。
砂利は黒くしたかったのですが、水質がわかりにくくなるとの懸念があり白にしました。

新居には新入りも登場です。
楊貴妃メダカ
「楊貴妃」とよばれる品種で、ヒメダカ(赤っぽいメダカ)をさらに赤くしていった品種だそうです。金魚の赤に近い感じですね。

さらに水槽に出る「藻」のお掃除係として、
ミナミヌマエビ
ミナミヌマエビをご招待しました。メダカとも仲良くやっています。「こんちわー」
このエビちゃんがね、メダカと同じくらい可愛いんですよ。
現在5〜6匹ほどのミナミヌマエビがおりますが、写真の子のようにどうやら「卵」を抱いている子がチラホラ。
ベビーちゃんも楽しみです。

ちなみに写真の右下にボヤッと写る黒い塊も実は掃除屋さん。サザエイシマキガイという貝で、水槽の壁面や砂利についた藻などをキレイに食べてくれます。

この水槽には日々癒されております。メダカやエビの様子を観察したり、苔の調子や植栽の具合を見たり、時間が許せばどれだけでも眺めていられる我が家のテーマパーク的存在です。
苦労して作った甲斐がありましたよ!

この水槽にはもう一つ流木苔盆景を入れていますが、、
次回はその紹介を。

流木盆景 I

超大作の予告をしましたが傑作という意味では無いです。
「サイズが超大きい」という意味です。ごめんなさい。
まだそんな自信作はつくれません…。

さて、どれくらい大きいかというと縦/横/高さどれも40cm程度あるので、普段作っているミニミニの世界と比べると本当に何十倍というサイズです。

色々と無茶をして作っている部分がありますが、大物の流木盆景において「自分がやりたい事」を込めた青写真的な作品だと思っています。
今は未だクオリティ低すぎですが、将来この作品を改作する際には「自信作」として出したいです。

流木苔盆景1
流木苔盆景2
流木苔盆景3
流木苔盆景4

ベースになる流木は元々苔盆景として売られていたもので、流木の形の良さに一目惚れして購入したものです。
ただ、購入時から苔の状態があまり良くなく、流木の焼きも甘かったので、苔が半分程ダメになった時点でリセットして流木の焼きからやり直しました。

私にとっては「樹」を植えているのが最大の冒険です。
苔盆景で樹木といえば、苔の管理と相性の良いナンテンやモミジが定番で、後はあまり見ることはありません。
今回の作品では、真柏、ニレケヤキ、シロシタンを植えています。いずれも購入した盆栽素材にオマケのようについていた株を使っています。これを作ったのが超ミニ盆栽教室の一回目が終った後くらいでしたので、針金もよく分からず目茶苦茶かけです。
これらの木を枯らさずに維持できるか?挑戦と実験の意味をもつ作品でもあります。

教室でいただいたウバメガシのどんぐり付き実生苗も二つ入れましたが、この二つは少し枯れかかっていた苗なので見込み薄いです。が、ここはどんぐり目当てな感じですので枯れても良しと思ってます。流木から実がなっているような感じが良いかなーと。

苔はちょっと数えてみても15種類くらいは使っていると思います。手持ちの苔ネタ大集合です。
この流木盆景は置く場所が固定されるので、日に弱い苔は影になる部分に、乾燥に強い苔は上の方に等々、日当りや風の通りを考慮した苔の配置をしています。
枝の股で完全に日影になる部分に、乾燥に弱い大型の苔を植えています。
流木苔盆景7
オオガサゴケ(中央左)とコウヤノマンネングサ(中央右)です。いずれも親苔として植えていて、ここから生える二世が強い株になります。

野草は、コケサンゴ、ゴクヒメユキノシタ、チシマヒメトクサ、ビロウドセキショウ、イワヒバ等を使っています。
コケサンゴはこんな状態でした
コケサンゴ
が、最近実が着きましたー。やったー。
コケサンゴの実
「コケ」がつく名前の野草だったので買ってみましたが、これは大ヒットでした。葉がこんなに小さい上にキレイな実が成るのですから。色とりどりの実がつく園芸種もあるようですね。水やりなど苔管理との相性もバッチリです。

石もちゃんと入れてますよ!中央のラインに竜眼石をいくつか埋め込んでいます。今回は庭で拾った石では無いです。ちょっと中国ぽい感じですね。
竜眼石
この写真では分かりにくいですが、下の方の石は橋のようになっています。

大きい作品でも「縮景感」を感じられる「ギュッと詰まった世界」を作っていければなぁと思っています。
この作品には「蓬莱」という名前をつけました。
『蓬莱:古代中国で東の海上にある仙人が住むといわれていた仙境の1つ』- Wikipedia
ということです。仙境とは良い響きですね。

そしてこの流木盆景、一つの作品として紹介しましたが、実は真の目的があったのです。
それは!
次回につづく。

 | ホーム | 

FC2Ad

まとめ

プロフィール

苔猿(こけざる)

著者:苔猿(こけざる)

苔好き・岩好き・盆栽好き。
石や流木を使った盆景や自作の豆鉢をつくってます。

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メールアドレス:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。