苔猿の壺

蘚類・地衣類・石類と小さな植栽で盆景をつくっています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そろそろ

そろそろ春の狂騒も一段落です。

haru2016-4.jpg

左から、コトネアスター(石抱き)、ニレケヤキ、紅しだれモミジ(超ミニ)、ニレケヤキ(超ミニ)、ヤマモミジ(超ミニ寄せ)、竜神ヅタ(石抱き)、七五三モミジ(なんか花咲きおった、、)、ナツヅタ(花芽あがってた!)、テンノウバイ(満開!)

スポンサーサイト

テーマ:盆栽 - ジャンル:趣味・実用

花続く

開花に芽出し、新緑。春は植物マン歓喜の季節ですね。

haru2016.jpg

左から、南殿桜(満開)、竜神ヅタ(石付)、友禅ケヤキ、ツツジ(咲きました〜)、西洋カマツカ(こっちも咲〜)、姫リンゴ(満開)、コトネアスター(開花前)、テンノウバイ(開花前)

テーマ:盆栽 - ジャンル:趣味・実用

春2016

本年初投稿。しかしいつのまにか春、、

何とか最低限の植え替えをクリアしつつ、春の花に癒される日々です。

haru2016-1.jpg

二週間ほど前の写真。左から湖上の舞(桜)、おかめ桜、真ん中に紅白の木瓜、右端は瑠璃びょうたん。


haru2016-2.jpg

こちらは最近の写真。左から湖上の舞(満開)、ツツジ(つぼみ)、ツクモドウダンツツジ、超ミニ長寿梅&ユキヤナギ、西洋カマツカ(つぼみ)、岩ヤツデ、八重桜、湖上の舞(ミニ)。


色々とブログに書きたいこともありますが、なかなか時間が無いですなあ。

クロマッタケ

なんとクロマツのミニ盆栽の根元にキノコが生えてましたよ!
クロマツのタケ2

盆栽置き場を新設すべく、仮の場所に置いておいたところ、ちょっとジメっとしてたのか。
気づいたら生えてました。二本もです!
しかも結構ナイスな場所に生えてます。

クロマツのタケ2

松に生えたので、マツタケ!とは思いませんでしたが(笑)、ちょっと嬉しかったです。
マツタケはそもそも赤松の大きな株にしか生えないそうですし。

クロマッタケと命名しました。
どれくらいの寿命があるんだろうか。長くいてくれると良いなあ。
そして、ちょっとでもデカくなってほしいです。

頑張れクロマッタケー!
マッタケー!


テーマ:盆栽 - ジャンル:趣味・実用

自宅展示スペース

今年は本当に忙しかった。まだ終わってないけど。
いやむしろこれから通常の日々がはじまる感じです。
そんなワケで。今年は鉢作りは手が忘れない程度にしかできなかったし、鉢の上の樹も夏から秋にかけていくつか枯らしてしまいました。

何とかテンション上げようと、メダカ水槽の前にあるL字のスペースを整理して、自宅展示スペースを作りました。
苔盆景や盆栽、鉢など、折々で飾りたいものをレイアウトして自己満足に浸り、創作意欲を刺激しようという狙いです。

秋も深まり紅葉・黄葉、実なりの季節ですし、多忙な時期を乗り越えてくれた盆栽(見習い)を今は飾っています。

自宅展示会場の様子

屋内に飾ると目に入る機会も多く、チリチリにならずにキレイに紅葉してくれた樹や、頑張って実を留めてくれた樹を見るにつけ、忙しい中でも何とか世話をしてきて良かったあ、と。

嬉しくなって時々ながめてしまいます。
4〜5日おきに少しずつ樹を入れ替えて楽しんでます。

自宅展示会場の様子2

秋は過ごしやすいし、創作意欲も湧くし、こういう時期に多忙でなかったのはせめてもの救い。
まだ残りひと月半もありますし、趣味も目一杯楽しんで、良い年として締めくくりたいです。

テーマ:盆栽 - ジャンル:趣味・実用

そろそろ活動期

いけませんな。今年はブログ更新やるぞーと意気込んでいたのに。

そういえば葉が落ちずに心配していたロウヤガキですが、ちゃんと無事に落葉して正月には玄関近くの窓に飾っていました。
royagaki201501.jpg
写真を撮り忘れていましたが、痛んできた実をもぎる前にパチリ。

さて極寒の最中ですが、2月に入りボチボチ植え替えやら、目をつけていた樹から挿し木をとったりやら、少しづつ活動を開始しています。
活動期がくると梅が咲き始めますねー。

これは2年くらい前でしょうか。日本ライン花木センターで(投げ)売られていた梅です。
old-ume.jpg
悪く言えば持ち崩したガッカリ感のある樹なんでしょうが、その時の私にはとても哀愁があって良い雰囲気に見えたんですね。帰り際に駐車場まできて、やっぱり気になる!と踵を返しお迎えした記憶があります。

当初は枝も芽も少なく、私のような初心者が引き取ったら枯らしてもおかしくない状態だったと思いますが、何とか花が咲くまできました。
こんな大きいサイズの樹は他にもっていないですし、元気になったのなら少し形を考えて遊んでみようかなーと思ってます。

テーマ:盆栽 - ジャンル:趣味・実用

ニレケヤキ黄葉

ニレケヤキの黄葉がきれいだったので、少しの間ですが飾っていました。
先に黄葉した葉っぱ1/3くらいは既に散っています。少し間引かれて枝が見え隠れした方が良い感じに思えます。

ニレケヤキ黄葉2

ニレケヤキ黄葉1

テーマ:盆栽 - ジャンル:趣味・実用

カエデ

今年のカエデは今一つ煮え切らない感じでした。お掃除前に記念撮影。

カエデ1

カエデ2

カエデ3

テーマ:盆栽 - ジャンル:趣味・実用

花も咲く

寒い!
けど花も咲くんですね。
少し前の写真ですが、野菊と四季桜。

ノギク

シキザクラ

シキザクラ

窓際に飾ると外の厳しい寒さを少し忘れさせてくれます。

トキワさん?

えーと。ローヤ柿のつもりでお世話してきた樹なんですが、、

現状↓
常磐柿?

一緒に入手した雄木はとっくに黄葉して葉を散らしましたが、、
葉が散るどころか、黄葉する気配すらありません。
ひょっとして、、常磐さん?常緑の常磐柿さんなんでしょうか?
常磐柿はローヤ柿より実が丸いのですが、、うーん。丸い気がしてきた、、

いやいや、ちょっと遅くなってるだけかな。
ちゃんと黄葉してくれると思いますが、、まあ、葉がこのまま残るのもアリかなと思えてきました。

想定外といえば、実を期待していない適当な樹にたっぷり実がつく時があります。
シロシタン実
シロシタンいくつかありますが、どうでもいいやと思っていた樹が一番たわわです!
仕方ないので、ちょっと飾ってあげます!


テーマ:盆栽 - ジャンル:趣味・実用

黄葉・紅葉

秋深まり、日々山の色も変わっていきますね。
晴れた日の夕刻は西日に染まる山を眺めていたいです。

紅葉も良いですが、黄葉も良いですねえ。
個人的には真っ赤に染まる山より、赤・黄・緑のバランスがとれた景色が好きです。
我が家の鉢上の樹々も、にわかに紅葉・黄葉して葉を落としていきます。

ハゼ紅葉+とくぞう鉢
ひょろりとひょうきんなハゼ。最後の一葉が散る前に間に合ったー。鉢はひょうきんな猿の絵(見ざる言わざる聞かざる)のとくぞう鉢。

ニレケヤキ黄葉
こちらは黄葉。今年の展示会でも使ったニレケヤキです。無事秋を迎え黄葉を見せてくれました。

もみじ窓際
モミジの一番手。こういう樹はちょっと窓際に飾るのに良いですよね。

アベマキ黄葉
こちらはアベマキかな。キレイに黄葉してくれるのは少ないです。

西洋カマツカ紅葉
西洋カマツカ。今年は実を落としてしまいましたが、紅葉で頑張ってくれてます。


楽しい秋。
他にも写真を撮ったので、しばらくは秋シリーズにて更新していきます!

テーマ:盆栽 - ジャンル:趣味・実用

紅葉はじまる

さぶおまんなあ。

朝晩にわかに冷え込むと紅葉スタートですね。
我が家でも先週からツタやらハゼやら、紅葉トップ集団が色づいております。

ナツヅタ超ミニ紅葉1
いつも先陣をつとめるツタの紅葉。芽出しのビニールのようなプリプリ感からしっとり緑になり、燃える紅色で散っていく…ドラマティックな葉っぱですよね。大好きな樹種です。

ナツヅタ超ミニ紅葉2
こちらは自宅敷地内で取れたもの。

自宅で取れたといえば、ハゼの実。
我が家にはハゼノキ以外にも、少し毛深いヤマハゼというのが生えています。
今年も実生させました。
ハゼ寄せ紅葉1
乾燥した実を春までとっておいて、果肉を落として種を取り出し、2〜3日水につけておいてから蒔いてます。9割は発芽してくれた印象です。

敷地内では他にもウルシ類が生えてきますが、一番多い&完全に雑草扱いなのが「ヌルデ」です。ウルシ類では一番かぶれにくいですが、よく葉に虫コブができて醜い姿になります。

普段は抜いては捨て、抜いては捨てしてますが、面白く曲がったものや、たまたま機嫌が良かった時に抜いたもの(笑)は、鉢に入れてみたりしています。
いくつかありますが、例えばこんな感じ。
ヌルデ紅葉1
雑草もちょっとお洒落になれたかな。
他の盆栽たちと一緒に消毒していれば、虫コブがつくことも無いようです。
一族の末席とはいえ、紅葉といえばウルシ族。ウルシの血が燃えたぎりキレイな赤をみせてくれます。

今年は室内にも飾ってみました。
ヌルデ紅葉2
雰囲気イケメンな感じは否めませんが、何とかインテリアとして戦力になってます。

根連なりで大小3つの幹が出ています。根元は石に抱かせてます。まだまだ食いつきは今一つですが、、
ヌルデ紅葉3

今晩の冷え込みでカエデやらモミジやらの本丸がいよいよ出陣でしょうか。
秋は楽しいですね〜。

テーマ:盆栽 - ジャンル:趣味・実用

ワイヤー盆栽

こんにちは!苔猿(こけざる)です!

と元気よく挨拶から入ったのは理由がありまして。
この度、FC2ブログの「おすすめブログ」に選んで頂けたとのことです。
こんな過疎ブログに何で、、と思いましたが、
アクセス解析を見ると、どうやら過去作品のページに海外からのアクセスが沢山あり、PinterestやTumblrでも作品写真が拡散しているようです。

おすすめブログに選んだからにはちゃんと更新しろよ!
とのお達しであると考えてしまう心の狭い猿野郎ですので、しばらくは真面目に更新しようと思います。

紹介されたら紹介する!
という事で、本日は以前からお気に入りだったサイトを紹介します。

ご紹介するのは KenToArt さん、ワイヤーを使ったアート活動をされています。
こちらがKenToArtさんの作品ギャラリーですが以下、抜粋引用にて写真の紹介です。



Green deadwood wire bonsai tree by Ken To




Micro wire bonsai tree on rock by Ken To




Large windswept wire bonsai tree by Ken To


素晴らしいですね!!ワイヤーで作られた人工盆栽です。
またサイズがイイですね〜。超ミニサイズです。
このサイズでこの樹形を出すのは自然の樹では難しい感じですが、人工なら好きに作れます。

続きはこちらのKenToArtさんの作品ギャラリーにて。ゆっくりお楽しみくださいませ。

春がきた

お久しぶりの更新です。
4月に入って少し余裕ができましたが、完全に後手に回っていた盆栽モドキの植替が山積みでヘトヘトです。
そして春がきて今年も我が家に花が咲きました。イエイエイ。


まず花開いたのは白木瓜と紅白絞りの椿。
紅白絞り椿と白木瓜
紅白絞りの椿は昨年もあったのですが、水管理が悪かったせいか咲いて24時間経たないうちにボトッと落ちてしまい、写真すら残ってないです。今年は水切れしないよう注意したら一週間くらいは楽しめました。

続いて新人さん、白八重の椿。
白八重の椿
花が咲きそうだったので少しカッコつけようと思ってハリガネ巻きましたが、、弱って花が咲かなくなるような気がして結局曲げれませんでした。
もう今は花が落ちたのでウヒヒ。

昨年に引き続き、姫リンゴも咲いてくれてます。
姫リンゴ
何か今年は葉が開くのが早いのか花が遅いのか、大きくなった葉っぱが花を遮ぎっちゃって居心地悪そう。
今年は受粉用の相方ができてイチャイチャさせたので、チビリンゴの期待が高まります。

そして桜。八重桜「南殿」遅咲きです。
八重桜
沢山咲きましたよ!
昨年はとりあえず咲いただけで喜んでいた状態でしたが、今年はちょっと進化してるんじゃないでしょうか。
八重桜
この勢いで来年は「花見できるやん」くらいのモリモリ満開にしたいです。
梅や木瓜はまばらな花が良いですが、やはり桜は満開が良いですねえ。



紅葉2013

そろそろ紅葉シーズンですね。

我が家のチビ盆栽たちも急に色っぽくなってます。
既に気が早い子たちは真っ赤な葉を散らしてしまいましたが、まだまだ紅くなりそうな子たちが残ってます。
先の週末にはサルスベリが良い色になってました。
サルスベリ紅葉1
綺麗に紅くなりました。教室でつくった超ミニ盆栽ですね。吹き流してます。

記念写真だけでは可哀想なので、しばらく飾ることに。
サルスベリ紅葉1
手製の水盤に富士砂しいて、プチ雪ノ下を添えて。
落ちてしまった葉もまたをかし。


モミジ、カエデも色づいてきました。
石付けのカエデが二つ。同じ時に購入した姉妹です。
カエデ紅葉1
真っ赤になる前、緑・黄色・朱・紅と色とりどりになるこの時期がとても好きです。
実際に紅葉した山も、イチョウのような黄色や常緑樹の緑と紅葉が混ざり合って美しく輝きます。まさに錦織りなす様ですね。

カエデは松ぼっくりを添えて飾ります。
カエデ紅葉2
いやはや秋ですね〜。大好きな季節です。

しかしもう少しゆっくりと流れてほしい秋ですね。

秋の実り

しれっと再開。秋ですね。
わずかですが我が家の盆栽でも実がついたものがあります。

西洋かまつか
西洋カマツカ。先日の名古屋小品さんの展示会にて購入したホヤホヤ新入りです。枝を整理して小さい鉢に入れました。

シロシタン
懸崖にしていたシロシタン。何とか二つ実が残りました。よく頑張ったね。

ピラカンサス
コトネアスターが赤い実をたわわにつけました。鉢は昨年の盆栽教室クリスマスあみだくじで頂いた山石鉢です。

ピラカンサスオレンジ
こちらは一つだけ(笑)のピラカンサス。
最初はもっと黄色い感じでしたが、どんどんオレンジになってきました。
「黄色い実のピラカンは稀少だよ」ときいて喜んでましたが、ぬか喜び。

盆栽はじめた頃は「実」に全く興味がなく、さらにいうと「花」もオマケ程度に考えていました。縮景された枝葉だけにフォーカスして、それだけで十分楽しいものと思ってました。
しかし育ていくことで必然的に時間という軸ができ、刹那の視点とはまた違った感慨が出てくるんですよね。

枯れないように毎日気にしながら水をやっていた小さな木に蕾がつき、花が咲く姿を見たときには、その過程を見守った者ならではの感動が。さらにそこから実をつけ、落ちないように大事に育て、秋に色づく姿を見るともう、、涙でますわ。時間調味料がバッチリ効いて、いっそう美しく感じてしまいます。

そういう感動があると、他人が作った樹の花や実をみる目も変わってきます。
盆栽は盆栽を持っていない人でも観賞できるものですが、盆栽を育てている人にはより深い観賞ができるものだなあと感じた秋の夜です。

第3回超ミニ盆栽展示発表会 終了

第3回超ミニ盆栽展示発表会、無事終了いたしました。
ご来場のみなさまに、心より感謝申し上げます。

生徒の皆さまの展示はどれも個性的で色とりどり、とても楽しい展示会になりました。
それぞれの美意識や趣味嗜好が閉じ込められた世界は、作り手の分身ともいえるのかも。
とても濃厚な空間で、自ら参加しつつも堪能・満喫させてもらいました。
展示会の様子は、盆栽男先生のまとめののつきさんのまとめ、などでご覧いただけます。

私の展示は、、
苔猿の展示
ここぞとばかりに苔満載で。
苔盆景+超ミニ盆栽展示のコラボレーションという感じになりました。
また時間があれば少し解説などしてみたいです。

そして、販売した「壺」も無事完売です!
拙い作品を購入いただき感謝です。
苔猿の壺
通称『悟空』と呼ばれていた壺たち。達者でくらせよ〜。

第三回超ミニ盆栽展示発表会

昨日、とうとう展示発表会がはじまりましたー。
沢山の方にご来場いただきま、ありがとうございました!
本日は、10時〜15時まで開催しております。
入場無料ですので、是非ご来場くださいませ。

沢山の超ミニ盆栽の飾りは、皆さんとてもユニーク!
自由な発想で、飾り手の趣味や嗜好が伝わってきて楽しさ満点です。
昨日はカメラを持っていく余裕も無かったので、本日撮ってきたいです。

超ミニ鉢販売もおかげさまで好評でした。
まだ一年坊主の私の壺たちも(主に教室の方々に)購入していただき、感謝です。
本日用に残していた壺があと5〜6個のこっておりますので、魅力を感じた奇特な方は是非実物をご覧くださいませ。

壺・還元
展示会前日に焼き上がってきた壺たちです。
還元ですので酸化とは少し違った風味になりました。酸化の黒さも良かったですが、こっちの渋い感じも好きです。

本日15時まで、お待ちしております!

告知!

超ミニ盆栽鉢同好会
第二回のウェブ展示会があります。

昨年に引き続きエントリーさせてもらいました。
新作を出そうと思ってましたが、忙しく断念。
今回の展示会は昨年より多いエントリーがあるそうです。6/15公開ですのでどうぞお楽しみに!


超ミニ盆栽教室 第三回展示会
そして我らが超ミニ盆栽教室、恒例の展示会がございます。

1年前の展示会では教室に入りたてホヤホヤで見学オンリーでしたが、今回は出展いたします!私らしく苔も取り入れつつ、ユニークな展示にしたいと思ってます。
詳細はこちらをご覧下さい。

そしてこちらも恒例、展示会には生徒による自作鉢販売コーナーもございます。
先生の山石鉢をはじめ、カリカリした良いものや、ニャーニャーした良いものなど、たぶん年に一度の入手チャンスです!かくいう私もカリカリを手に入れたくて一年待ってます、、本当に楽しみです。サイズはほとんどが超ミニサイズの鉢かと思います!

そしてそして、あわよくば私も「壺」も販売しようと画策中です。
素人初心者ですし、販売コーナーが賑やかになれば良いかなー、くらいのスタンスです。
先日、素焼きに出した一群。

所々ふざけた感じがみえますが、皆さんが実用的な超ミニ鉢を販売されると思いますので、
私は苔でも入れてオモチャ程度に楽しむ、そんな路線を考えてます。


超ミニ盆栽DVD
忙しくて紹介が遅れましたが、師匠にして超ミニ盆栽教室の講師である岩井先生が、先回の「始めようミニ盆栽」に引き続き、超ミニ盆栽の解説・指導をする「楽しい超ミニ盆栽」をリリースしました。

前回の「ミニ」→「超ミニ」になっています。つくってハイ完成の超ミニ盆栽なので、気軽に始めるには最適です。
ノウハウがぎっしり詰まった超ミニ盆栽のバイブル、これであなたも超ミニ盆栽人!
購入はAmazonもしくは購入サイトよりどうぞ。

忙しくても花は咲く

仕事忙しいぞ!こら!
アベノミクス何だ!誰が考えたんだ!
ちっともブログ書く時間無いじゃないかチクショー。
もうこうなったらアベノミクス考えたヤツの住所探し出して、夜中眠っている間に足を向けないように注意しないとね。
マジでありがたいです。

さて。忙しくとも苔や樹たちの世話をする時間は確保してます。
引き続き花の季節にて、忙しい合間の心のオアシスになってくれてます。

桜が散る頃には姫リンゴが満開になっていました。
これは盆栽教室の先輩Tさんより頂いたもの。春の植え替えで角度を変えて横向きから斜め上向きに。

姫リンゴ
今年は花は楽しみましたが、受粉もできず結実はしませんでした。
来年は実も頑張るぞ。

花は樹だけではありません!
何とメダカ島(アクアテラリウムの流木盆景)に仕込んでおいたアレが咲きましたー。
じゃーん。

クリオネゴケ1
花がクリオネでおなじみのクリオネゴケです!
おそらく日本だけの通称だと思いますが、本当にクリオネそっくりの花が咲きます。
しかも細ーい茎で持ち上がってから咲くので、空を舞っているように見えます。
う〜ん、メダカ島に天女が舞い降りたようでイイ感じじゃないですか。

クリオネゴケ1ズーム
ズーム。ちゃんとクリオネやん。感動。
コケといっても名前だけで、ちゃんと根のある植物です。しかも食虫植物なんです。
小さな虫が花の先に止まった瞬間にクリオネの頭がパカっと開いて虫をひとのみにしてという訳ではなく、何と地中の根に虫を捕獲する器官があるらしいです。


シロシタンの花も咲きました。
シロシタン
懸崖で咲く花が好きです。もっと沢山咲いてくれると良いですが。頑張って育てよう。
花後も実が落ちずにいますので、ひょっとしたら実が見れるのかも。


次は八重咲きの白丁花。これもT先輩から。剪定枝を挿してできた子です。
白丁花
白い花が好きなんですが、中でもこの八重の白花は格別です。小さくて真っ白でとても美しいです。


そうこうしていると、何とメダカ島のクリオネゴケにベイビーが!
クリオネ2
何とまぁ。
一本の茎に二つも花をつけるとは知らなかったので、ちょっとビックリしました。
子クリオネ可愛いやないですか。おかーやんも心配そうに見守っています。


次はまだポット苗ですが、八重の白花カタバミです。
八重白カタバミ
この花もメッチャ白くてきれいです。白花で八重で、、もうカタバミの花の面影はありませんが。頑張って増やそう。


最近になってピラカンサスも咲きました。
ピラカンサス
小さな花束がポツポツと。これはこれで良いっすね。
白い花は大好きです。


そうこうしていると、、
なんとクリオネ孫が誕生!!
クリオネ3
マジすか?何か連凧みたいになってますが。
なんか少しおばあちゃん縮んでる?ガンバレおばあちゃん。
どこまで行くのか、、クリオネちゃん。

春は花!

ブログ。それは日常の証。
4月になり、ブログが書ける余裕も少々できました。

本日は春風に桜の花びらが激しく舞っておりました。まさに桜吹雪です。
我が家では昨年の早春に購入した盆栽第一号である桜が咲いてくれました。

桜吹雪をバックに記念撮影!
したつもりでしたが、2、3枚しか桜の花びらが写ってませんね(笑)
桜と姫リンゴ
花開いた姫リンゴと一緒に窓辺に飾っています。

盆栽のぼの字もわからない時に購入し、花後は一生懸命面倒を見てきました。
一年のたった数日のために何でここまで世話しなければいけないのか!と投げ出しそうにもなりましたが、、
昨年より多くついた花を見るにつけ、全ての苦労は消し飛んで幸せな気持ちになります。

花モノは何より家人が喜んでくれるのが良いです。盆栽や園芸趣味にうつつをぬかしても、これさえ出しておけば好印象をキープできます。ひひ。
桜ちゃんと姫リンゴちゃんの前は木瓜を紅白で飾っていました。
紅白木瓜

木瓜は咲きすぎるとゴワゴワしてきますが、最初の一つ二つが咲く頃は良い感じですね。
紅木瓜
趣あります。品種は「あかね」とありました。

白い木瓜は「流星」という品種でした。八重の白花がとてもキレイです。
白木瓜
石を添えています。やっぱ石大好きです。

木瓜はちっちゃい子もいます。
チビ木瓜

木瓜の前には姫ツバキを飾っていました。
姫ツバキ
白花です。かわるがわる常に三輪くらい花が開いてました。

春の花ざんまい。来年も堪能できるように今年も頑張ってお世話しないと。

雅風展2

引き続きの「雅風展」です。

写真撮影OKだったものの、スマホで適当撮りしたせいか1/3くらいはボケてました(笑)
残った写真の中からチラリと掲載させて頂きます。

まずは小さいものから、、
雅風展1
雅風展2
えいですねぇ。ミニミニサイズのもありましたが、ボケてたー。くぅ。

雅風展3
おお。好きな感じ。

雅風展4
こういうカッチョ良いジンシャリの真柏もたくさんありました。

雅風展5
キレイな実ですね。

雅風展6
とにかく席数も多い上にスゴイ樹が一杯で、あっという間に感覚が麻痺してきます。

雅風展7
うわー。もうなんか訳分からない領域です。

雅風展9
幹は太短く、枝先は分岐多く混んだ感じ。こういうスタイルが席巻していました。

間違いなくスゴイと思いますし、たゆまぬ労力の結晶が見てとれて感動もしています。が、やはりスタイルに偏りがあるといのは勿体無いことだと感じました。観る側にはどうしても退屈な雰囲気が漂ってきてしまいます。
盆栽初心者の青二才の見方だからというのもあるとは思いますが、、

個人的には文人調の樹が沢山見れると良いなぁと思っていましたが、これだけの数の樹の中で片手で数えられる本数しかなかったのは残念です。

私のトップ賞はこの席、
雅風展8
飾りも樹もとてもセンス良いと思いました。


つづく

雅風展1

間があいてしまいましたが、めげずに京都小旅行編を。

午前中の東福寺を堪能した後、日本一の小品盆栽展示会であるところの「雅風展」に向かいました。
この日に小旅行を決めた最大の理由です。
我らが師匠、岩井先生の展示もあります!もう何年も連続して出展&入賞されています。これは本当にスゴイことです。

ダメもとで入場口で撮影について聞いてみると、何とOKとのこと!
撮影は無理だろうと今回の小旅行はカメラ無しで(スマホ撮影のみ)きていました。
ちょっと後悔、、でもやっぱ重いですからねカメラ。

入場後、とりあえず先生の席を探して、、ありました。
10cm盆栽1
10cm盆栽2
10cm盆栽3
ん〜む。いいですねぇ。素晴らしいです!
そして同クラスではトップ賞だったそうです!
先生、おめでとうございます!

つづく

金メダル盆栽

すっかり年末モードですね。

今年は苔ブログを立ち上げたり、超ミニ盆栽教室に通ったり陶芸を始めたり、趣味の世界では随分と充実した一年でした。
超ミニ盆栽教室も先日に年内最終をむかえ、忘年ランチ会を弁天カフェにて。とても美味しいパスタと、とても嬉しいプレゼントで大満足な最終回でございました。

さて、そんな本年を感慨深く振り返りつつ、超ミニ盆栽教室の初回(5月)にもらったウバメガシの超ミニ盆栽をながめておりました。
うんうん。まだしっかり生きておりますね。
ミズゴケ実生で種が空中に浮いています。種から下は本来根っこの部分ですね。
usain-bolt2

うーん。でもこれ何かに似てる気がする、、
何だろう。どこかで見たような、、

usain-bolt1
あああ!あれだ。
ボルト!ウサイン・ボルト!
これ、ボルトの決めポーズだ。
しかもメダルもぶら下げてる(笑)
思わず種の部分を金色に塗ろうかと思いましたが、そこは脳内補完にて。

そんな感じで盆栽ネタに傾倒していた2012下半期でした。
が、苔ネタも頑張って書いていきたいです。
このままでは盆栽猿ですからね。
がんばれ苔猿。

秋の盆栽展めぐり

先週末は盆栽展示会をはしごしてきました。

先ずは盆栽教室でお世話になってますT先輩が所属する、一宮小品盆栽会の展示です。
秋なので実物が満載の展示会でした。
一宮展示会1
あらカワイイ。

一宮展示会3
白真弓。細くてくねって鉢からとび出している感じが好きです。
鉢もイイじゃないですかー。とくぞう先輩の鉢ですね。

一宮展示会2

一宮展示会4
根上がりの小さなマツ良いですねー。鉢もとても良いですね、春嘉さんでしょうか。


続いて半田へ。緑樹会のフルーツ盆栽展へ。
フルーツ盆栽1
おお。いきなり超ミニ盆景がお出迎え。これは良いですねぇ。

フルーツ盆栽2
こちらの会場も実物(フルーツ!)満載でございます。

フルーツ盆栽3
ああ。小さくて素敵です。これは憧れますね。

フルーツ盆栽4
とび出し感がグッドですね。

いやはや堪能した一日です。しかし見るのに夢中でカメラがおろそか。ピンボケばっかで良い作品も紹介できずです、、

師匠のDVD

忙しくてネタは溜まれどブログは書けずの日々でございます。

そんな中、どうしても告知したいことが。
私の盆栽師匠であるところの岩井先生が、ミニ盆栽のDVDを発売しました!

「始めようミニ盆栽 DVD」
始めようミニ盆栽 DVD

© From A Straw

おおお!こんなDVD待ってましたーー。
私のような少しカジり始めの初心者の方、盆栽教室などが近くに無い方、こっそり盆栽をはじめたい方、などなど。あらゆる盆栽初心者の方にオススメです!

DVD2枚組み、トータル169分のお腹いっぱいボリュームで、2,980円!
仕事の合間に少しずつ見ていますが、良いですねー。
教室で聞いたことも出てきますが、良い復習の機会になります。

初心者向けの盆栽書籍は数多くありますが、文章や挿し絵では実際の作業方法がよく解らない部分があるんですよね。
その点、映像で実際に作業をしている様子を見ると一目瞭然、よく理解できます。

Amazonでも購入できますよー。

そして何といってもこのDVD最大の特典、
「購入後90日間のみ無料でメール相談ができるサポート」
え!これは、、先生、大丈夫でしょうか。
あまり大きな声では言わない方が良いでしょうか。

ネコノテシノブ

先日の盆栽展示会「盆栽・水石・山草フェア」にて購入したネコノテシノブの紹介です。

ネコノテシノブ1


ネコノテシノブ(別名:石化シノブ)は常緑のシノブであるトキワシノブの根っこが、石化(せっか、帯化)した品種。
フサフサ毛が生えた根っこが石化して先端が何本かに分かれると、まるで猫の手のようではありませんか!

ネコノテシノブは以前からとても欲しかったシダ植物だったのですが、なかなか機会がなく忘れかけていたところ、、
展示会の即売所でとても形が良いこの鉢に出会い一目惚れです。
本来は根であるこの「猫の手」部分を地上に出し楽しむのがネコノテシノブの醍醐味ですが、この鉢は根の大半が苔むして、まるで岩のようです。その岩から白くてフサフサの猫の手が数本にょきにょきと。このバランスが素晴らしい!ベリーグッドでございます。

ネコノテシノブ2

しかしどれくらい持ち込んだらこのようになるのでしょうか、育てたことのない私には検討がつきませんが、フサフサの根が苔むすまでにはそれなりの年月が必要でしょう。

ん?これは正確には苔むすでは無いですねぇ。これは地衣類です。
岩に苔も良いのですが地衣類の方が古色が出るというか、独特の渋い雰囲気があります。

このネコノテシノブ、とても安く購入しました。盆栽展示会の写真はウェブで見ることもできますが、即売は足を運んだ人の特権ですね。いやー満足!

弁天カフェ Bonsai & Music

盆栽教室の大先輩にして頼れる兄貴分、Tさんが盆栽&ミュージックをテーマにしたカフェ(バー)を開店しました!
名古屋の盆栽シーンを盛り上げてくれそうです。

早速、教室の先輩方と来訪いたしました。
カメラを持っていけなかったので、携帯スナップにて。
弁天カフェ1
弁天カフェ2
こんな感じで壁に埋ったショーウィンドウに、盆栽が飾られています。

弁天カフェ3
ここにも超ミニサイズなど盆栽が。

うーむ。やはり写真はカメラを持参していた
ののつきさんのブログ
で見ていただくのが良いですね!

弁天カフェ
名古屋市瑞穂区妙音通3-38 喜世ビル3F
TEL 052-853-7172
OPEN 17:00 - 2:00
地下鉄妙音通駅2番出口より徒歩1分


お酒ものめますし、コーヒー&ティーも。
お食事も美味しかったですー。ピザとパスタのメニューが多く、挽き肉とガーリックのピザがとても美味しかったです。

名古屋で唯一(たぶん)の盆栽カフェ、そそられた方は是非。おすすめです!

※追記
定休日はありませんということです。土・日も営業していますので是非!

盆栽・水石・山草フェア

超ミニ盆栽教室の岩井先生が所属する白樹会「盆栽・水石・山草フェア」へ行ってきました。

盆栽・水石・山草フェア1
いきなり1mクラスの大型盆栽に圧倒されます。

盆栽・水石・山草フェア2
個人的には小さい盆栽が好きですが、こういう大きな盆栽は見る分にはとても良いですね。
大きいサイズは少なくなっていると聞きましたが、また流行ってほしいですね。自分が手が出せないのに勝手な言い分ですが。

小さな盆栽も沢山展示されていました。
盆栽・水石・山草フェア4
真柏良いですね。好きな樹種です。

盆栽・水石・山草フェア3

中でもぶっちぎり小さい盆栽は我らが師匠、岩井先生の超ミニ盆栽です。
盆栽・水石・山草フェア5
サイズが伝わり難いですが、とても小さいです。超ミニです。
松カッコ良いです。太くてダイナミックな曲からひょろっと出た枝が良いですね。こういうコントラスト大好きです。反対側に飛び出ているジンがまた良いアクセントになっています。

盆栽・水石・山草フェア6

大好きな石付け盆栽も多くありました。
盆栽・水石・山草フェア7

盆栽、山草、石や鉢など、お値打ち価格にて販売されていました。
私も盆栽と山草と石と鉢を購入しました。

場所は名城公園フラワープラザにて。本日17日まで開催中です。

中国盆栽「盆景」

前回予告しておきながら、間があいてしまいました。
中国盆栽のご紹介です。

中国では盆栽のことを「盆景」と呼んでいるようです。
実際、水盤に石付の盆栽をおいて山水の風景をつくるものが人気の様子で、これは日本での盆景のイメージに近いですね。
もちろん日本の盆栽のように一つの鉢に一つの樹だけというスタイルのものもあります。
それらひっくるめて全て「盆景」と呼んでいるようです。

今回見てきたのは、蘇州にある中国四大庭園の一つ「留園」の一画にあった盆景コーナーです。

盆景コーナーの入口では庭園と盆景の中間サイズくらいの山水縮景が出迎えてくれます。
山水縮景
一番高い岩で3mくらいでしょうか。
写真ではつたわり難いですが、これもなかなか良い感じでした。

では本編へ。
留園盆景1
留園盆景2
こんな感じの作品が基本です。
水盤に水石で風景を描き、どちらかというと樹はそれを装飾する「副」の役割という印象ですね。
水盤のサイズはだいたい1.5〜2mくらいの横幅と50〜80cmの奥行きがありました。
ぴったりサイズの水盤ではなく、余白を十分につくっているので、海や湖面に浮かぶ島のような雰囲気が出ています。

日本の盆栽スタイルの一鉢一樹の作品もありました。
留園盆景3

一鉢一樹とはいえ中国らしい禍々しい作風も多く、センスの違いを感じます。
留園盆景4
せっかく中国に来ているので、こういう作風の方が嬉しくなりますね。
なんじゃーこれー!というのを期待してしまいます。

とはいえ限られた時間でしたので、基本は盆景スタイルの作品ばかり撮影していました。
留園盆景5
留園盆景6
留園盆景7
留園盆景8
壮大な風景が卓上に閉じ込められ、一つの世界をつくっています。とても好きな感じです。

水盤に石だけというものもありました。太湖石ですね。
留園盆景9

こんなところです。
これらの盆景は上海の植物園?が最も沢山所蔵しているとのことで、機会があればまた見に行きたいです。

 | ホーム |  »

FC2Ad

まとめ

プロフィール

苔猿(こけざる)

著者:苔猿(こけざる)

苔好き・岩好き・盆栽好き。
石や流木を使った盆景や自作の豆鉢をつくってます。

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メールアドレス:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。